資金管理を徹底して不動産投資で成功する

バナー
TOP > 資金管理を徹底して不動産投資で成功する

資金管理を徹底して不動産投資で成功する

現在はサラリーマン大家さんが増えていますが、まず、サラリーマンが家賃収入を得る場合、サラリーマンの給料とは別に管理する必要があります。


不動産投資は資金管理がとても大切です。

特に固定資産税は意外と高くなりますから、請求されてこんなに高いのと、驚く方も多いと聞きます。

家賃収入が入ってくるようになるとサラリーマンが金欠の時に家賃収入を当てにしてしまいます。家賃収入を生活費にまわしたり、遊びに費やしてしまってはいけません。

もちろん、上手く資金管理できていれば多少、生活費や遊びに費やしてもいいでしょう。

不動産投資のクチコミ情報を求めています。

しかし、不動産投資初心者は入居者が集まる物件の見つけ方や利回りの計算、管理会社やリフォーム会社の選び方など、このような点に目がいってしまいがちで資金管理は後まわしになるようです。

ですから、資金管理も不動産投資セミナーや書籍などで学んでおくようにします。

これからはシノケンハーモニーの口コミに関するサポートサイトはここです。

資金管理のために賃貸物件ごとに通帳を作って収支を把握しているオーナーもいらっしゃいます。


まず、預かり金は敷金や家賃、支出は修繕積立金や固定資産税、リフォーム費用となります。

複数の賃貸物件を同じ通帳にすると資金管理に手間が掛るので賃貸物件ごとに管理するのは賢いやり方だといえます。



また、物件を購入した時に借り入れがあればこの通帳から引き落とされるようにすると便利です。


敷金や家賃からこのような費用を引いて残高が残るなら毎月余剰金が生み出されてどんどん資産が増えていくでしょう。